看板建築

千葉県佐原は川港として古くから栄え、古い町並が残り多くの探訪者を迎え入れている。
しかし、保存地区指定地以外では町は着飾らない姿も見せてくれる。これは駅から続く商店街の一角。「看板建築」と呼ばれる独特の建て方の商店、そして琺瑯看板も残っていた。看板建築とは関東大震災以後に東京で流行った洋風の建物を指すものだが、ほぼ全国に同様の建築が見られる。
【06.11】
f0130879_0272782.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-11-07 00:27 | 近代洋風建築のある風景 | Comments(0)  

<< 胃病薬 太田胃酸 町家の戸袋の鏝絵 >>