北会津の農家

喜多方市内北部の農村で。小さな農村だが通りに面して各家が一時期競い合うように土蔵を建て合ったのだろう。見事な蔵並が続いている。この蔵などは芸術作品を思わせるように見事で迫力を感じさせた。
【05.05】
f0130879_0344837.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-09-29 00:35 | 土蔵 | Comments(2)  

Commented by R. at 2007-09-29 01:08 x
この造りは(屋根とか)、何か正式名称があるんでしょうか?
すごいなー(感嘆。。)
ちょっと壁が木組み系?なのも変わってますね。
全体にがっしりしているのに、装飾細やか。
会津はいろいろ見所、満載でしょうね^^。
Commented by mago_emon at 2007-09-29 23:51
兜造りというのか、建物の構造については詳しくないので、何造りと正確にはお答えできませんが、今こうして改めて見ても変わったつくりです。単独の土蔵のはずですが、主屋に埋め込まれたように見える。
トタンの屋根も迫力です。雪が多いからでしょうね。他にも沢山このような個性的な蔵がある集落でした。

<< 初秋の風物2 バス時刻表 >>