初秋の風物

f0130879_21223760.jpg
私が植物から感じる初秋の風物は彼岸花と金木犀である。一枚目は今日(9月24日)山口県柳井市の山間部で撮影したもの。今年は異常に長引く残暑のため、まだ本格的には咲いていない。これは随分探して一番良く咲きそろっているのを撮影したのだが、それでもつぼみが多く、茎がこれから出てくるのも多いのだろう。
彼岸花は毎年意識して見ているが、一昨年は9月12日に畦一面に咲いた彼岸花を写しているし、昨年はそこまで早くないが花盛りで(二枚目・広島県熊野町で撮影)、しかも金木犀の匂いも同時に漂っていた。今年はその名とは異なり、彼岸が過ぎてから咲きそろうことになりそうだ。
f0130879_21224788.jpg

[PR]

by mago_emon | 2007-09-24 21:22 | 季節の風景 | Comments(4)  

Commented by R. at 2007-09-24 22:48 x
彼岸花、こちらは今が丁度 見頃でしょうか。でも、掲載されている2枚目の写真ほどではないかな。とても綺麗ですね。
むくっと現れて、寿命は短い。。その朱色と共に、本当に季節感漂う花です。
つい先日、絵に描こうと畦道に生えてるのを何本か手折ったのですが、案外・構造?が難しくて断念してしまいました。
描けないのなら折らなければよかった、と後悔しました。

金木犀は何といっても香りですねー。
(よく見ると山吹色の小さな花も可愛らしいけれど…)
Commented by 孫右衛門 at 2007-09-26 00:35 x
この植物は春は地面に葉を広げているそうです。夏の暑さに枯れ、涼しくなってから突然茎と花だけが現れ、またそれが短く定まった間だけ、そして鮮烈な色彩というのも季節を強く感じる原因なのでしょうね。
この花を描くのは絵を全く描かない私からしても非常に難しいことと思います。
金木犀の香りからは秋らしい爽やかさとともにどことなく寂しさと郷愁を感じますね。
匂いがかなり強い割に花が目立たないので、どこに咲いているのかすぐにはわかりません。
Commented by popos_allee at 2007-09-26 08:15
日本ではちょうど今頃金木犀の香りが香る頃でしょうか^^
毎年金木犀の香りを感じるたびに「あ~秋だな~」なんて実感したものです。
こちらでは金木犀の花はあまり見かけないのですが、ちょっと変わった金木犀ウーロン茶が発売し始めました。
中国のサントリーから発売されているもので金木犀の香りのする甘いウーロン茶ですw
Commented by 孫右衛門 at 2007-09-26 23:26 x
ケイカチン酒(漢字が思い出せません)という金木犀の酒が中国にありますね。この酒自体かなり強い香りがします。
中国のどの辺りに御住いか存じませんが、こちらではここ数日ようやく秋の兆しが空気に感じられるようになりました。
金木犀ウーロン茶ですか。どんなものでしょう日本にも逆輸入されるのでしょうかね。

<< 参考書専門 古井戸 >>