漁村の俯瞰景観をもたらした橋

佐渡島のほぼ南端にある小さな漁村。絵に描いたような風景だが、これは橋上からの風景である。
バイパス道整備で、小さな入江を跨ぐ箇所に高い橋が架けられたことでこの俯瞰風景が眼にできるようになった。
但し、この先大きな集落があるわけではないので、特にこの漁村民からすると橋が必要だったかどうかはわからない。
【17.04】
f0130879_16533675.jpg
f0130879_16534005.jpg
f0130879_16534911.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-08-15 16:54 | 旅の一風景 | Comments(0)  

<< レトロ商店の面影 赤泊の旅館 >>