赤泊の旅館

佐渡島では現在両津が玄関口となっているが、かつては本土からの最短距離である赤泊も重要な港町であった。
港付近の古い町並を歩くと、現在でも伝統的な旅館が現役で営業されているのを眼にする。
【17.05】
f0130879_23002117.jpg
f0130879_23004045.jpg
f0130879_23004521.jpg

[PR]

by mago_emon | 2017-07-27 23:01 | 歴史の点描 | Comments(0)  

<< 漁村の俯瞰景観をもたらした橋 佐渡・小木の木造5階建 >>