昭和型看板老舗

伝統的な構えの小売店。町並を歩いてこれが眼にできるところは、例え閉店していても地場商店が最近まで町に根付いて発展していたということ。
屋号を大書した看板は、現代ではかなり武骨に感じるが、インパクトは強い。
【千葉県 16.05】
f0130879_19541046.jpg
f0130879_19541679.jpg

[PR]

by mago_emon | 2016-07-10 19:54 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

<< 地元の底力で・・ 旧呉服店? >>