もと町役場?

山形県南陽市は宮内町、赤湯町などが1967年に合併して誕生している。
元宮内町の中心にいかにも昭和の役場建築といった建物があり、現在は地区の公民館となっている。
調べてもよくわからなかったが、合併まで町役場の建物だった可能性が高い。
全面ガラス張りの構造など、当時としては斬新だったのだろうが、今は昭和レトロに映る。
【15.09】
f0130879_2301778.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-12-24 23:00 | その他 | Comments(0)  

<< 母屋と一体化?した土蔵 アーケードは取れたが >>