米子のそば屋

以前取り上げたことのあるこの渋すぎるそば屋、久々に入ってみた。
前回同様夕方の訪問で、店主が「ゲソが売り切れになって」としきりに恐縮する。今回はあらかじめ店の情報を調べていたのだが確かにゲソ天を載せた蕎麦が名物のようだ。
そんな実直な姿勢も常連客を呼ぶ秘訣なのだろう。
もちろん味も申し分ない。濃厚な醤油出汁と固ゆでの蕎麦が特徴だ。
【15.09】
f0130879_2353563.jpg
f0130879_2354382.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-11-16 23:54 | 旅の味 | Comments(0)  

<< 洋風建築の無料案内所 標識柱として残った木製電柱 >>