二本目の橋が架っても

最近2本目の音戸大橋が開通し、渋滞が緩和され車で往来する人はほとんど陸続きとの感触だろう。
でも徒歩や自転車の人にとって、音戸の瀬戸を渡る足は今でも渡し船だ。
対岸に待機中でも、客が一人でもすぐに迎えに来てくれる。料金は70円。
【呉市 15.04】
f0130879_22154938.jpg

f0130879_22163890.jpg
f0130879_22165353.jpg

[PR]

by mago_emon | 2015-05-25 22:16 | 海辺の風景 | Comments(0)  

<< 宣伝看板の略字 広大な更地に >>