巨大な大漁旗(小木港・伴旗祭)

能登半島は祭事が多いところで、四季折々に各地で伝統的で個性的な祭風景が展開される。
奥能登にある小木港では、偶然伴旗祭というのが漁港の湾内で行われている姿に出会った。
これほどの大きな大漁旗を掲げると、漁船は転倒してしまうだろう。二艘の船に横木を渡して、そこに旗が立てられ湾内を航行する姿は勇壮そのものであった。
【13.05】
f0130879_22305184.jpg
f0130879_2231988.jpg
f0130879_22311441.jpg

[PR]

by mago_emon | 2013-05-13 22:31 | 旅の一風景 | Comments(0)  

<< 洋風建築の利用法 度量衡器 >>