未だ復旧できない保存建物

宮城県登米は明治の遺構が多く残る歴史性の深い町だが、東日本大震災の影響の大きかった地域である。
町の中心にあるもと警察だった洋風の建物はいまだに再公開に踏み切れないままであった。余りにも復旧すべき物件が多く、土木建築分野いずれでも手が廻らないのだと聞く。
しかしこの建物は住民生活に必要なものでもなく、廃棄されることなく復旧の方向で動かれるだけでも大変なことだろう。
【12.08】
f0130879_2253237.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-10-06 22:06 | 困った風景 | Comments(0)  

<< 秋祭のクライマックス 洋館の無料開放 >>