土地の風習

山形県のある町を歩いていると、玄関先にこのような茅のような青草を飾った家が多く眼に入った。
旧盆中でもあり、先祖の霊を迎え入れる風習なのかもしれない。
この探訪中、秋田県横手市の付近では夕方家の前の道端で何か燃やしている風景もあちこちで眼にした。
この時期の探訪は、普段は見られないその土地独特の風景が見られることで貴重なものとなることも少なくない。
【12.08】
f0130879_21591583.jpg
f0130879_2159220.jpg

[PR]

by mago_emon | 2012-08-30 21:59 | 旅の一風景 | Comments(0)  

<< 煉瓦の土蔵 取壊された一角 >>