温泉街の歓楽三点セット

倉吉市郊外の三朝温泉は近代的なビル旅館もあるが、昔ながらの構えの老舗旅館の姿も目に付く。
小路に入ると歓楽街が展開し、ヌード・射的・遊技場と三点セットが健在だ。
これらの健全な姿が残されていることから、温泉街としてのにぎわいが続いているものと判断した。
【11.06】
f0130879_2272174.jpg

[PR]

by mago_emon | 2011-06-10 22:07 | 街の郷愁 | Comments(2)  

Commented by 倉吉魚町 at 2011-06-16 22:39 x
ご無沙汰しております。これは三朝温泉バス停と、川の間にある通りでしょうか。まさに郷愁に満ちた光景ですね。これからも、落ち着いた静かな観光地であってほしいと思っています。
Commented by mago_emon at 2011-06-16 23:59
お久しぶりです。
その通りです。このような一角が残っていることで温泉地の気分が倍増しますね。単なるビル旅館群だけでは今一つです。三朝温泉を訪ねたのは初めてでしたが、伝統的な木造旅館も健在でしたし、魅力的なところと思いました。
それはそうと余計な話ですが、ちょっとびっくりしたのが橋のたもとの川沿いにある露天風呂、橋の上から少し目にすると申し訳程度の囲いしかないので男性の局部が丸見えでしたよ(笑)。女性が通りかかることもあるでしょうに。しかし浴場ということで、公然わいせつなどにはならないのでしょうね。

<< 明治時代の験潮場 武骨な宣伝 >>