肥薩線大畑駅

肥薩線の人吉と吉松を結ぶ山岳区間にある大畑(おこば)駅。
現在では数少ないスイッチバック駅であり、また最近は観光列車も運転されることから訪れる人も増えた。
鉄道旅行としてこの区間を乗車してからかなりの年月が経過している。
私は今回探訪の余禄として車で駅を訪れたのだが、ちょうどその観光列車が到着する頃合だった。ちょっと車内にもお邪魔させてもらったが、このような列車が走るようになるとは当時は予想だにしなかったことである。
【17.06】
f0130879_23501638.jpg
f0130879_23504126.jpg
f0130879_23502643.jpg
f0130879_23503417.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-09-26 23:51 | 鉄道風景 | Comments(0)  

レトロ商店の面影

横川駅の特に南口は、近年大きく景観を変えた。その中にあって、駅のすぐそばからはじまるこの商店街は比較的昭和的な面影が残っていると言える。中でも、50mと離れていないところに地場大手の書店も出店しているのに、古色蒼然とした看板を残す本屋が現役なのには少々驚く。
【17.05】
f0130879_21124598.jpg
f0130879_21132208.jpg
f0130879_21182729.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-08-23 21:19 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

漁村の俯瞰景観をもたらした橋

佐渡島のほぼ南端にある小さな漁村。絵に描いたような風景だが、これは橋上からの風景である。
バイパス道整備で、小さな入江を跨ぐ箇所に高い橋が架けられたことでこの俯瞰風景が眼にできるようになった。
但し、この先大きな集落があるわけではないので、特にこの漁村民からすると橋が必要だったかどうかはわからない。
【17.04】
f0130879_16533675.jpg
f0130879_16534005.jpg
f0130879_16534911.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-08-15 16:54 | 旅の一風景 | Comments(0)  

赤泊の旅館

佐渡島では現在両津が玄関口となっているが、かつては本土からの最短距離である赤泊も重要な港町であった。
港付近の古い町並を歩くと、現在でも伝統的な旅館が現役で営業されているのを眼にする。
【17.05】
f0130879_23002117.jpg
f0130879_23004045.jpg
f0130879_23004521.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-07-27 23:01 | 歴史の点描 | Comments(0)  

佐渡・小木の木造5階建

佐渡島の南端付近にある小木の町にて。密集する建物の中に突然現れる。3階以上は後で建て増ししたものと思われるが、堂々とした木造の5階建だ。
港町の木造5階というと、大崎上島の木江地区に残るものが比較的良く知られるところだが、迫力という点ではこちらが凌駕しているようにも感じた。
【17.04】
f0130879_18203192.jpg
f0130879_18204911.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-07-23 18:21 | 旅の一風景 | Comments(0)  

白根の雁木型商店街

新潟の郊外にあたる旧白根市、中心部には昔ながらの商店街が長々と連なっている。
かつては木製の雁木だったことを思わせる造りである。
今となってはある意味昭和レトロ的味わいに満ちているが、現役ではない店舗も少なくないようだった。
【17.04】
f0130879_09020231.jpg
f0130879_09022639.jpg
f0130879_09015833.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-07-15 09:02 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

カラフルな土蔵

長岡市にある「機那サフラン酒造」という造り酒屋の土蔵は、極彩色の鏝絵が施されていてとてもインパクトのある外観だ。土蔵を手がけた左官さんによって表現されたといわれ、日本一の鏝絵蔵とも称されるほどだという。
【17.04】
f0130879_22061889.jpg
f0130879_22055805.jpg
f0130879_22060625.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-07-08 22:06 | 土蔵 | Comments(0)  

雁木型商店街

吉田の商店街。新潟県では、アーケード商店街はかつての雁木に由来すると思われる歩道部連続形式のものが多い。ここでは昭和の商店街の雰囲気を色濃く残しながらも多くの店舗が現役であることが貴重だ。
少し出はずれると、本来の雁木も部分的に残っていた。
【17.04】
f0130879_20280246.jpg
f0130879_20274426.jpg
f0130879_20273404.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-07-02 20:34 | 商店街・店舗 | Comments(0)  

庄原の「まちなか」

県北部の小都市・庄原は人口減少に悩む中で、中心市街地の再活性化を図ろうと「まちなか」と名付けて古い商店や建物を活用した取組を始めている。
昭和レトロを感じさせる店舗など、良い素材も少なくない。細く長く続いてほしいものだ。
【17.05】
f0130879_17512958.jpg
f0130879_17512715.jpg
f0130879_17513049.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-06-21 17:51 | 町並保存活動 | Comments(0)  

現役スーパー

個人事業主の小売店だけではなく、中小規模のスーパーも全国画一型の大型複合商業施設が地方の奥深くにまで進出してしまったことから、その多くが犠牲になってしまった。
そんななかでこの店、スーパーというにも余りに小さい。よくぞ持ちこたえているといってよいと思う。
陰ながら応援したいものである。次にここを通るときも、現役のままであってほしい。
【島根県 17.05】
f0130879_22031255.jpg

[PR]

# by mago_emon | 2017-06-17 22:03 | 商店街・店舗 | Comments(0)